常時型盗聴検知システム

盗聴技術が高度化に伴い、従来の1回限りの検出に基づく盗聴防御戦略が無力化されて常時型盗聴検知システムが盗聴防衛のための必要不可欠な要素となっています。

製品特徴

☞ 25KHz~6GHzの範囲にある盗聴(盗撮)電波を探知!

☞ 24時間監視だから、On-OffタイプもOnになった瞬間に探知!

☞ 24時間監視だから、都度スクリーニング不要!

☞ 日本国内で同等機能の製品無し!  

☞ 韓国の政府機関でシェア90%以上!

最近盗聴技術動向

盗聴技術の発展に伴い、最近では、盗聴の防御の難しさが高く盗聴時の露出された情報の量が多く、無線盗聴が最大の脅威として浮上しています。

無線盗聴技術の高度化

盗聴技術が高度化に伴い、従来の1回限りの検出に基づく盗聴防御戦略が無力化されて常時型盗聴検知システムが盗聴防衛のための必要不可欠な要素となっています。

盗聴対象情

国家安全保障、捜査/内定、工業機密だけでなく、個人のプライバシー情報、選挙活動情報などが盗聴の対象となっており、主要国情報流出時の金銭的に数千億円に達する被害が発生する可能性があります。

製品構成

装置は検出端末、中央コントローラ、管理端末S / Wの3つの要素で構成されておりMulti-roomでの統合管制をサポートします。

運営シナリオ

盗聴発生するかどうかをリアルタイムに検出して、盗聴の試みをブロックします。

ABicom株式会社

​116-0002 東京都荒川区荒川7-24-1

​TEL:03-5604-9951/FAX:03-564-9952

  • アマゾンの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram

COPYRIGHT© 2019 ABicom co., ltd. All rights reserved.